ホーム > 犬は役所への届出が必要!

犬は役所への届出が必要!

ペットが亡くなってしまった場合、ペット火葬やペット葬儀の手配だけでなく、種類によっては役所に届け出て手続きをしなければなりません。

通常犬以外のペットについては、市町村役場への届出の義務はありませんが、犬の場合は市町村役場への届出が義務付けられています
届出の事項は、
・ 飼い主の住所、氏名
・ 犬の死亡年月日、登録番号
となります。
数多いペットの中でも犬だけは「狂犬病の予防」という立場から届出が義務付けられているのです。

また、犬以外についても、特定動物に指定された動物は手続きが必要です。
特定動物とは、通常ペットとしては飼われない
・ ライオン、トラ、鷲(わし)、鷹(たか)などの猛獣
とされる動物です。
都道府県により定められた条例があるので、それに従います。

"ご自宅の都道府県や自治体名+ペットが亡くなった場合"などで検索し、各都道府県庁または市区役所等へ問合せを行うようにしましょう。
また東京都内をはじめとした一部の地域では、電子申請でも行うことが出来るようです。

葬儀の前に、忘れずに届け出を行うようにしましょう。
   

TOPへ

ペット葬儀・霊園検索

安心マーク

ペット火葬・霊園訪問記

コンテンツ

 ペット葬儀のいろいろ

自宅まで訪問 移動火葬車

 ペット葬儀のあとに

ペットメモリアルグッズ ペットの自宅供養〜骨壷がそのままになっていませんか? ペットロスを乗り越えよう

facebook